派遣だから実現できる完全自由出勤

これはよく言われることなんですけど、でも実際に派遣キャバクラ嬢になってみると、「ああ、こんなに大きなメリットだったんだぁ〜」ってしみじみと思えるんですよね。
あ、完全自由出勤のことです。

“完全”って、どこまで完全なの?って思ったりしません?
派遣キャバ嬢の場合は、本当に完全に自由なんです。
この言葉に偽りなし!って感じ。

出勤したい時は出勤する、出勤したくない時は出勤しない。
これでOKなんですよ、派遣だと。



在籍キャバ嬢の時代は、そうはいきませんでした。
少なくとも週に1回はシフトに入れないといけなかったし、正直、週に1回しか入れないと、「なんで働いてるの?」みたいな表情されることもあって、黒服さんとかからの「もっと働け」のプレッシャーがすごかったんです。

イベント時はほぼ強制出勤でした。
クリスマスとか忘年会・新年会シーズンとか、バレンタインとか、他のキャストの誕生日とか、とにかくイベントやそれらしきものがある時には出ないといけないから、ただただ面倒でした。

メリット③イベントでも強制出勤が無い

派遣になってからは、そんな強制出勤はゼロ。
出勤する日は私が独断で勝手に決めさせてもらってます。
それで何も言われないって、本当に楽ですよ。

  メリハリをつけて働くことができる嬉しさ

完全自由出勤が可能になった私は、働きたいと思った時には、毎日のようにお店に出て働いてます。
だって、働いたらその日にお金がゲットできますから。

それを考えたら働きたくなるんですよ。
でも、休みたいと思った時は、堂々と休んでます。
もちろん、誰にも注意されたり出勤するように促されることもありません。

メリット④自分の時間を自由に作る事ができる

これで、自分の時間を確保することもできるようになりました。
自分と向き合う時間を作ってみたり、趣味に没頭してみたりとかもしてます。
私の場合は、旅行なんかにも行ってますね。
在籍の時は海外旅行とかいけなかったですけど、派遣になってからは、何度も遠出してます。



友人や彼氏と過ごしやすくもなりました。
これも自分の時間を確保しやすくなったから。

キャバ嬢の仕事って、やっぱり他の仕事してる人と時間帯が合わないんです。
お店の専属になっちゃうとシフトをできるだけ埋めるように言われるし、休みの日でも営業しなくちゃいけなかったりとかがストレスで、遊ぶことなんて考えられませんでした。

シフトから解放されたこと、これは在籍キャバクラ嬢から派遣キャバクラ嬢になって実感した、本当に嬉しいメリットです。